トップ / 取り組み・福利厚生 / 健康経営に関する取り組み

健康経営に関する取り組み健康経営に関する取り組み

研修制度

研修制度

  1. 社内の健康管理研修を定期的に実施し、セルフケア、ラインケアの重要性を意識づけ。
    (入社時研修、正社員フォローアップ研修、リーダークラス向け研修、幹部社員研修等)

 

情報発信

情報発信

  1. 社内報や顧客先に常駐している社員向けの情報誌「かわらばん」を発行。
  2. 社員向けの健康情報誌(CSL Health navi)の発行。
  3. 安全衛生委員会での話題や情報を「安全衛生ニュース」として掲示。

 

健康行動の支援

健康行動の支援

  1. 運動習慣を身に付けてもらうよう、各センターでヨガ教室の実施や、フットサル、バトミントンなど、社員が参加しやすいスポーツイベントを多数開催。
  2. 安全衛生委員を中心に、職場のコミュニケーション活性化運動を推進。
  3. 健康保険組合主催のウォーキングイベントに積極的に参加。
  4. 富士通グループ全社イベント「みんなで禁煙チャレンジ」に積極的に参加。

 

健康経営の普及、推進に関する取り組み

健康経営の普及、推進に関する取り組み

  1. 四半期に一度、健康経営役員報告会を実施。
    社員と職場の健康にかかわる課題等を検討し対策を協議。

 

ページトップへ